2018年9月4日

池袋・産後ヨーガ はじまります!

桂子&洋子先生が池袋にて、産後ヨーガ教室を開講します!


産後ヨーガ・セラピー@友の家・池袋

赤ちゃんは可愛い。
でも、産後は心も体も毎日が精一杯、時にメンテナンスが必要な時もあります。
心身のバランスを整えて赤ちゃんや家族との時間をもっと深めてみませんか?
手遊び歌やカラダ遊びなど、赤ちゃんと一緒にヨーガをしていきます。
赤ちゃんが泣いても大丈夫、子育てが初めてのママも安心してご参加くださいね!

       
対象:産後2ヶ月〜1年までのママと赤ちゃん

日時:9月14日(金)26日(水)・10月19日(金)24日(水)  10:30~12:00
   ※11月以降も月2回(水・金)の開催を予定しています 

料金:1回2,000円 チケット8,000(5回分・半年間有効)

場所:東京第一友の会「友の家」
   豊島区西池袋2-20-11東京第一友の会 友の家 

   池袋駅メトロポリタン口 徒歩6分 池袋駅から900ⅿ
        
        


  








講師:井上桂子・深澤洋子(日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士)

予約:mamano.ie.yoga@gmail.com    ☎️:090-9627-7598(井上)
  「氏名・電話番号・メールアドレス・ご希望の日時」を、
        3日前までにメールにてお知らせください。





2018年6月5日

7月5日 インターナショナル・ヨーガ・セラピー・デイ

https://www.yogatherapyday.com/


学ぼう!世界のヨーガ・セラピー

ヨーガ・セラピストが集まりインターナショナル・ヨーガ・セラピー・デイを世界で初めて開催します。
私たちの社会では、生活習慣病やストレスが原因で発症する病気が増えています。健康のために、病院や薬にだけ頼るのではなく、自分でできる何かを探し求め、そして、ヨーガに行きつく人たちが多くいます。しかし、皆さんは知っていますか。症状を持った人たちのために作り出された「ヨーガ療法(セラピー)」が日本をはじめ世界中にあること。実はあまり知られていないこのヨーガ療法をより多くの人に知ってもらえるように、アジア・オセアニア・欧州・南北アメリカのヨーガ・セラピストが集まりインターナショナル・ヨーガ・セラピー・デイを世界で初めて開催します


2018年  7月5日

大宮ソニックシティ 市民ホールにて開催


世界のヨーガセラピーが1クラスづつ体験できる貴重な機会です!




2018年5月27日

初めての運動会

今日は、長男の運動会でした。小学校に入って初めての運動会。
最近は秋ではなくて初夏の時期に開催するところが多いようですね。
入学して間もなくて、ただでさえ学校に慣れるに緊張しているのに、
連日の運動会の練習なんて大変だなぁと思っていたけれど、
終わった後の子供達が、ぐっと成長している様子でした。
友達との距離も近くなっていて、きっとクラス全体がまとまるんですね。
長男の白組は負けてしまったけど、でもよく頑張りました。

「ママはキャラ弁とか作らないの?」
数日前に、長男の一言に、大好きなポケモンのおにぎりを作ることに汗。
慣れないから時間もかか理、おにぎり作って燃え尽きて、他のおかずを詰め忘れたりといろいろハプニングがありましたが、母も頑張りました!


昨年度までお世話になっていた保育園の園長先生と年長で担任だった先生が運動会参観に来てくださいました!
この日、元担任の先生のお子さんも運動会だったにも関わらず、
「徒競走だけでも見に行きます」と駆けつけてくださって。
とっても嬉しいですよね、本当に。
子供の成長を我が子のように喜び涙してくださる先生で、
何をするにも子供達の意見を尊重し、
諦めなければ必ずできるということを教えてくれた先生。
運動会も諦めずに我が子の運動会と教え子の運動会を行き来する姿を
先生のお子さんは、きっと誇らしく思っているのだろうと思います。

だから、先生のお子さんも友達や先生方に恵まれて、
楽しい時間を過ごして欲しいなと願ってしまいますね。

母親をしながら働くこと
世の中では賛否両論あるかと思います。

私もできれば仕事はほどほどにして、
子供達との時間をとりたいと思う方なのですが、
この先生との出会いは、私の母親観を少し変えてくれたように思います。

誰かのために精一杯働く姿を我が子に見せること
それを楽しくイキイキとして行なっていることも
子供にしてあげられることの1つなのだと思いました。




2018年5月25日

ひまわりヨガに行って来ました

上原のひまわりヨガさんに行って来ました。
この日は、真有先生の担当の日。
ゆうきちゃんと一緒に記念写真。
和やかな雰囲気で始まりました。
ヨーガする前なのに、すでにリラックスモード。
今日の見守りスタッフは洋子先生が担当でした。
赤ちゃんと一緒に猫のポーズ。
カラダも伸びて気持ちがいいし、赤ちゃんと目があうと嬉しいし
他の赤ちゃんの鳴き声も聞こえて来て
とっても安心できました。





2018年5月10日

女の子だから、3人目だから???

我が家に女子がやってきてから、
「女の子って手がかからないでしょう?」
「3人目ってどう?」
「女の子育ててみてどう?」

なんて聞かれることが増えました。
そういえば、私も会話のつなぎにそのように聞くことがありました。

一ヶ月違いで3人目に男の子を産んだママさんが
「男の子だからとかじゃなくて、この子そのものがかわいい」
と言っていました。
そうそう、この子そのものがかわいいのよね。

悠希は、抱っこちゃんで、抱っこしていない時はほぼ泣いています。
女の子で三人目だけど、手はかかる気がするなぁ....
顔も中性的だし、女子を育てている実感もあまりない...

でも、とってもかわいいし、抱っこも苦じゃない。

女の子でもおてんばな子もいるし
手のかからない男の子もいるかもしれない
3人目でも手がかかる子がいれば、1人目でも手のかからない子もいます。

女の子だから、男の子だから、何人目だから、
そういう枠組みにとらわれず、
その子そのものを見つめていきたいなぁ

そんな風に思っていたら、
すこしずつ悠希の表情に女子らしさがでてきて、
「女の子ってかわいい!!」が口癖な今日この頃でした。

2018年4月12日

小学校が始まりました

あっという間に3ヶ月半が過ぎました。
まだ3ヶ月しかたってないの?と思うくらいに密度の濃い毎日を過ごしています。

今週から長男の小学校生活が始まりました。
赤ちゃんとの時間よりも今は長男の入学に向けての準備に終われる毎日。でも悠希もすくすくと元気に育っていて、寝返りしそうな気配です。

長男の小学校初登校の日の朝、

「いきたくな〜い...」
「よし、がんばるぞ!」


と不安とやる気を行ったり来たりしながら、
足取り重く、ちょっと泣きそうになる気持ちをぐっと抑えながら、慣れないランドセルを「おもたい...」と言いながら背負って出発しました。

卒園式も入学式も感動したけど、やっぱり小学校初登校日が一番感動しますね。

「お友達4人もできたよ〜!!」と笑顔で帰宅。

よかったね。これから、楽しいことも悔しいこともたくさん経験してきてね。
母も頑張るよ〜!


2018年1月2日

女の子が生まれました


昨年の冬至の日に女の子を出産しました。
母子ともに健康で、今は自宅で家族と過ごしています。
悠希(ゆうき)といいます。
悠は、みそぎの後に身体が清められて心が落ち着いている状態を示す漢字と知り、
心穏やかで、人に希望を与える人になって欲しいという願いを込めて名付けました。

兄2人は、可愛くて仕方ないといった感じで、抱っこしたり、寝ているところに添い寝したり、これからもさらに揉まれてたくましくなりそうです(笑)




沐浴の時は、兄達も参加して洗ってくれていますが、ほとんど顔に水かけ状態で、洗ってるのか水遊びなのかという感じで、親はハラハラしながら終わります。

「赤ちゃんを育てるって、結構大変なんだね…」

初めての沐浴をみた後に、
長男の口からそんな言葉がポロリ。
そうそう、そうなのよ。
子育ては、大変でもあり、楽しくもあり。
それを感じてもらえる環境にあるって、
幸せだなぁと思いました。


皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


2017年10月23日

代行講師のご紹介


代行講師のご紹介です。



(井上桂子・半田真有・深澤洋子 )

朝ヨーガ:深澤洋子さん

産後ヨーガ:半田真有さん・井上桂子さん・深澤洋子さん

井上さん・深澤さんは、日本ヨーガ療法学会認定のヨーガ療法士です。医学的な知識と伝統的なヨーガを照らし合わせ、疾患のある方でも安心して行えるヨーガを指導してくれます。

半田さんは、産後ヨーガにお子さんと通いながら、ヨーガの勉強をして、インド中央政府公認のヨーガ講師の資格を取得しました。体験したからこそ、子育て中のママの気持ちに寄り添ったヨーガを提案してくれます。

どうぞ、お楽しみに!

2017年10月3日

11月以降のスケジュール

あっという間に今年も10月になりましたね。
我が家の近くでは、秋の虫たちが季節の変わり目をお知らせしはじめました。
これから少しずつ変わっていく木々の葉の色も楽しみでなりません。

教室にご参加のみなさんにはお話しましたが、
ただいま第3子目を身ごもっていて、11月より産休に入ることになりました。
これで本当に本当に最後のお産。
毎日、上の子供たちとの時間を大切にしながら、
教室に通ってくださっている方々との日々も振り返りながら、
最後の妊娠の日々を過ごしています。
つくづく、命を育てていくことの重さと
自分がここまで生きてきたことの素晴らしさを感じる日々です。
今日もこうして、ブログを書くことができるのも、
教室で皆さんにお会いできることも、本当に貴重で素晴らしいことなんだと感じています。
11月〜4月まで仲間のヨーガ療法士&ヨーガ講師の方々に代行をお願いすることになりました。
スケジュールも日数が少し少なくなって、代々木上原にて開催を続けます。
詳しいスケジュールは、HPのスケジュールよりご確認ください。
http://cocoroyoga.com/schedule/
【朝ヨーガ】11月18日〜
第1・第3土曜日 10時30分〜12時
講師:深澤洋子

【ふれあい産後ヨーガ】11月10日〜
隔週 水・金(月2回)10時15分〜11時45分
講師:半田真有・井上桂子・深澤洋子
(見守り保育付き)
※チケット→1300 0円8回6ヶ月有効に変更になります。

【マタニティヨーガセラピー】
11/16(木)をもって休講になります。
産後ヨーガに通っていて第2子〜妊娠された方は、そのまま産後ヨーガにてご参加できます。
妊娠中の方は、参加にあたり同意書が必要になりますので、スタッフにお声がけください。


お申し込みのお問い合わせ先は、変わらずinfo@cocoroyoga.comです。
私の大好きな先生方の教室を皆さんにもぜひ楽しんでいただけたらと思います。

2017年8月9日

もし、赤ちゃんが日記を書いたら



「もし、赤ちゃんが日記を書いたら」
最近読んでいる本です。
生後6週間〜4歳まで、どのようにして世界を認識していくのかが描かれています。

訳もなく泣くことや
お母さんの呼吸や体調の大切さ
がよくわかります。

子育て中の方にも
子育て支援をしている方にもオススメの一冊です。

8月6日

8月6日は、広島に原子爆弾が投下された日ですね。
ニュースでは、平和記念公園に訪れた若い女性が

「祖母が生き抜いてくれたおかげで、今の私がいるから、
戦争や祖母のことを語り継いでいきたい」

と話していました。
私も子供たちに語り継いでいきたいと思いました。
子供たちがもう少し大きくなったら、広島にも訪れたいと思いました。


その晩に、子供たちと一緒に「この世界の片隅で」という映画を見ました。


この世界の片隅で
http://konosekai.jp/

戦時中の広島と呉を舞台に、大切なものを失いながらもささやかな幸せを見つけながら暮らしていくある女性の姿を描いています。
悲しみや苦しみだけでなく、日常生活の中の喜びや人との関わりの喜びも描いていて、戦時中にも関わらず爽やかなタッチで描かれていて、とても素敵な映画でした。


「人生は何が起こるかわからない。
それは大変なことも良きこともあるということで、
その良きことのために、自分は頑張っていきたい」

これはある方からいただいたメールの一文なんですが、「この世界の片隅で」もそんな気持ちになる映画でした。


2017年7月25日

ありがとう区民会館


1年間お世話になってきた八幡の施設が改修工事のため、最後となりました。

代々木公園が一望できる風通しの良い和室。

とても残念でもありますが、
ここでみんなと過ごせたことにも、ありがたく思いました。

愛着のある場所も人も関係性も物も
その時々で変わっていきますね。

そしてまた、新しい時間が始まります。

2017年7月10日

隠し事は、なしね

7/6〜8で福岡に行ってきました。
所属している日本ヨーガ療法学会の年に一度の研究総会に参加をし、夜は同期のヨーガ療法士と久しぶりのお食事会で大盛り上がりしました。
私としては、産後6年ぶりの1人旅行、1人で寝るのも6年ぶりで、そわそわしつつ、こんな自分もいたなぁーと懐かしくなったり、子供達の成長にも感動したりの3日間でした。

博多は、お魚が美味しくて夜は、生きたイカの刺し身やサバの刺身など、東京では、なかなか食べれないものをいただきました。↓吸盤がくっついて離れない!


帰りの空港に向かうタクシーの中で、タクシーの運転手さんが、福岡のご飯はなんで美味しいのかを教えてくれました。

福岡の職人さんは、技術や知識を惜しみなく人に公開して、隠し事しない気質なんだとか。それを真似する職人さんにもプライドがあるから、もっと美味しいものをと試行錯誤する。そしてその方法をまた惜しみなく人に公開していく。その連鎖が福岡のご飯の美味しさの秘訣なんだとか。

なんだかとっても素敵ですね。

私もそうありたいと思いました。

2017年1月18日

Happyな1年に

先日、「luckyとHappy」の違いについて話を聞きました。

日本語で訳すると、
lucky=楽天
Happy=楽観
になるそうです。

ラッキーは、他者からもらうもの
ハッピーは、自己努力で手に入れるもの

2017年、ハッピーで行きたいですね。

楽観的であれ。
過去を悔やむのではなく、未来を不安視するのでもなく、
今現在の「ここ」だけを見るのだ  アルフレッド・アドラー
今年もどうぞよろしくお願いします。

2016年11月22日

長いお付き合い

最近、宅配便のお兄さんに会うのがとても楽しみです。

数年前は、始めたばかりの新人さんで、目も合わせないし、笑顔もないし、
再配達の連絡をしても出ない!!!と腹を立てていました。
やりたくもない仕事を嫌々やってる感じが表れていて、
荷物を受け取るこちらも、なんとも言えない嫌な気持ちになることも。

それからしばらく間が空いて、多分1年ぐらい経ったと思います。
ピンポンとチャイムがなり扉を開けると、久々にその宅配のお兄さんが、
笑顔で「お届け物です」と立っていました。
それがまた驚くほどに柔らかい表情で、宅配の制服が板について、1人前の雰囲気が漂っていました。それから、わいわい騒いで荷物を受け取りに来た子供たちに何か言葉をかけてくれて。ただそれだけなのですが、とても幸せな気持ちになりました。
きっと嫌々ながらやっていた仕事にやりがいを見つけたのかもしれません。
それから、たまにそのお兄さんが荷物を届けてくれると、嬉しくなって、なぜか私までやる気をもらうのです。

そんなことが、他でもあって、
次男が通っている小児科の先生が、1年前は新米の先生で私や息子の顔もみずPCと向き合っていたのに、1年ぶりにお会いしたら、柔らかい表情でこちらを見てしっかりと話してくれるようになっていました。じっとしていられない次男にも優しい言葉をかけてくれて。

人は経験を通して成長していくことは、頭でわかっていても
なかなか家族以外の人間関係では、そうは思えないことがあったのですが、
こんな出来事が重なると、長い目線でお付き合いしていきたいなと思いました。
以外にトンガっている人ほど、変わりようが面白い。

きっと、今の私が思っているように、
誰かも私のことを見守っていてくれているのかもしれませんね。

それにしても、お荷物お届けで、受け取り主の気持ちを前向きにさせるなんて、
なかなか素敵なお仕事ですよね。

2016年11月15日

幸せの基準

昨日は次男の3歳の誕生日でした。
長男は夏に5歳になり、兄弟喧嘩は絶えないものの、暮らしが落ち着いてきました。私もゆっくりと料理する時間も持てるようになって、こんな日がやってくるのは、ずーっと先だと思っていたので、なんだか拍子抜け。でも、限りのある世の中だから、今を大切にしたいと強く思います。



昨日テレビで、20〜30代の女性の激痩せ傾向が戦後最大になったと言っていましたが、その背景に「いつも誰かに見られている」時代の特徴があるとのこと。SNSなどの普及で、自分の姿を他人に見られることが多くなり、他人の視線を気にすることが増えたことが影響しているらしいのです。

他人からかわいいと思われることが嬉しい。
他人から素敵と思われることが幸せ。

幸せの基準が他人にあって、誰かの目がなければ幸せを実感できないということは若かりし頃は皆が通る道かもしれません。でもそれはいつまでも続かないし、誰からも相手にされなくなった時に初めて自分にあった幸福感を探し求めるようになります。

ちょっとした苦労は、そういった自分らしい幸せを探す旅の始まりなのかもしれないと3歳になる次男をみながら思いました。

私も最近ようやく、自分らしい幸せの基準が出来上がってきたようです。

目の前の課題から目を背けず、自分なりに一つづつ乗り越えていくことは、実は幸せへの近道なのかもしれませんね。

2016年10月25日

波の音を聞きに

先週土曜日に、6年もの間、取り組んできたプロジェクトを発表する機会があり、夏頃から忙しい日々を過ごしていました。

日曜日、それも終わって、ほっと一息。家族で逗子で個展を開いてる河内智子さんのところに夕方から行ってきました。

窓の隙間から見える外の景色を撮り溜めた写真の個展は、彼女がその景色を見たときにお母さんの胎内を思い出して、きっとお母さんのおへそから、こんな風に外を見ていたのではないかと思い、撮り溜めたものでした。

私が長年温めてきたプロジェクトも妊婦さんと赤ちゃんに対してのことだったので、そのつながりに驚き、来てよかったなぁとしみじみしてしまいました。

写真展の後は、夜の逗子の海に行って、今年の夏にできなかった花火を子供達と一緒に楽しみました。
そのうち、寄せては返す波と追いかけっこをする息子たち。
海の波の音とその景色に、私の体の緊張もスルスルとゆるんできて、自然の力に癒された日曜日でした。




2016年8月1日

8/10 産後&マタニティ 合同クラス

8/10の産後ヨーガは、マタニティとの合同クラスになります。

場所:代々木八幡区民会館 和室1号 10:00~11:30
対象:妊娠中の方から赤ちゃん連れのママまで
要予約:info@cocoroyoga.com

ーーーーーー

夏季休暇:8/11~8/16
期間中のお問い合わせは、17日以降にお返事いたします。
期間中はご迷惑お掛けいたしますが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。


写真は、生徒さんから頂いた山形のさくらんぼ。
こんなにたくさんのさくらんぼは、我が家では2日でペロリ平らげてしまいました。
男子の食欲はすごい!
ごちそうさまでした。

2016年6月7日

戦争と平和

ナマズを釣りました
4歳の長男に
「ママはなんで戦争が嫌いなのにスターウォーズは好きなの?」
夕食の最中に聞かれ、何も言えませんでした。
子供達もいろいろ考えるようになってきて
最近ますます子育てが楽しくなってきました。

ココロって何?
感じるって何?

いろんな質問が飛び交います。

4歳の子ども達にわかるように話すって結構なスキルが必要です。でも、そんなことおかまいなしで、すらっと答える大人も結構いて、そんな人は本当に素敵だなと思ってしまいます。

そんなことで、当たり前のことをじっくり考えてみる時間が増えてきて
子ども達との会話の時間も増えてきて
ブログもすっかりご無沙汰してしまいました。。。ごめんなさい。

今まで子育てと暮らしのブログを分けていたのですが、
子供達の成長とヨーガの智慧がなかなかリンクし始め、
面白くなってきましたので、ブログは「暮らしのヨーガ」だけ更新していくことにしました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

2016年5月19日

ヨガのエビデンスレポート

FullSizeRender (2)厚生労働省「統合医療」情報サイトに
九州大学大学院医学研究院心身医学 岡孝和先生とヨーガ療法士によるヨーガのエビデンスレポートが掲載されました。
  

お困りの症状改善にヨーガセラピーをお考えの方や
医療従事者の方におすすめのサイトです。

ヨーガセラピーは不安・抑うつ・不眠・疲労感などの軽減に有効であることが実証研究のもとわかりました。

ヨーガセラピーは、自宅で自分でも行えることが魅力ですね。自分の健康を自分で管理できるなんて、本当に自信が持てます。